ハートのタイムマシン

ハートのタイムマシン!―瀬名秀明の小説/理科倶楽部
瀬名秀明
2002 角川文庫


「パラサイト・イブ」の著者が,高校生に語った 小説と科学 に関する熱い思いがつづられている.

現在は文筆業にシフトしているようだが,当時は科学者と小説家の二足のわらじを履きこなしていただけあって,そこから見えてくるものをわかりやすく伝えている.

まず,リアリティーをもって科学に接することの大切さを説く.これは提供する側の科学者にもいえ,リアリティーをもって科学を教えることの大切さをもといている.
そのとき大きな力になるのが,そのひとの「物語力」.

優れた科学者ほど自分の考えを他人に伝えるのがうまい.聞き手の需要量におうじて,物語を再構成する力に優れるから.また,語ろうとする物語に最適な表現をする力も必要.そこには,物語としてのおもしろさも欠かせない.

そのためには,豊富な知識がいる.その分野の高い専門性と,広範なバックグラウンド.
常に他分野や社会とのつながりを意識し,積極的に情報を得,それらを統合させ,物語として思考を具体化させていくこと.


手のひらサイズの小さな文庫の中に,さまざまな教訓・ヒントが詰まった良い本でした.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック