研究者という職業

研究者という職業
林 周二 著
2004 東京図書


我々若輩研修者に向けた熱いメッセージ.

まずは研究【者】としての自覚を促す.
それは,自由職業人であり,本質的には,実社会の制度的機構に組み込まれていない個人である.また,地位や年齢などに関係なく自由に仕事ができ,かつ本人の実力次第では社会から直接,個人としての評価を受ける立場であるとする.

今の体制を嘆く前に,自分自身で研究環境を作っていくという意識の大切さを説く.
そのための具体的な方法として,
・自分の素質を見極めること
・世界を広げること
・情報を発信すること
 そして良い「問い」を生みだすことに大きな労力をかけること.
を力説する.

著者の体験から生み出されるこれらのメッセージを熱く受け止めたい.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック