気候変動

気候変動―多角的視点から
2003/シュプリンガー・フェアラーク東京
W.J.バローズ著
松野太郎 監訳


昨今話題の温暖化について解説した本ではない.

地球の気候というものが,どういった要因で,変化or変動するものであるのかを詳しく解説した“教科書”である.
しかし,専門家にむけた教科書ではなく,あくまで一般の人に向けた教科書である.

過去における変化と変動の歴史を示し,その結果地球がどのように振る舞ってきたか.
どのように気候の変化・変動は観測され,解析されているか.
それらを“教科書”として提示している.

本書のモデリングの章では,近年論議を呼んでいる「フラックス調整」が肯定的に紹介されている.
このあたり他の類書と比較しながら読み進めるとなかなか楽しめると思います.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック