頭がいい人,悪い人の話し方

頭がいい人、悪い人の話し方
2004/PHP新書 樋口裕一


いまベストセラーになってる本ですね.

付け焼き刃の話し方を身につけようとする人(子?)達の手の内を知っておきたいと思って読んでみました.

嫌悪感を感じる人の話し方をひとつひとつ具体的にとりあげて,ナニが嫌だと感じさせるのかを解説し,それに対してどう対処すればいいか,また自分だったらどう改善すればいいかを説いている.

どの項目も,取り立てて目新しいモノではない.

読んでて思うのは,やはり“想像力”が大切なんだということ.
相手の心を思う“想像力”,異なった価値観を認められるだけの余裕.
そういうものを習慣として身につけてこそ,はじめて“頭の良い”・・・?っというか,人に届く話し方ができるんだということですね.




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック