道具としての流体力学

道具としての流体力学
2005/日本実業出版社 松本洋一郎監修・山口浩樹著

署名から察するとおり,流体力学の入門書.

基礎概念から,ナビエストークス方程式導入まで,偏微分方程式を細かく展開し,記述しているのでわかりやすいと思う.

5章以降のシミュレーションの記述をもう少し詳しくしても良いような気がするが,入門編だから致し方ないかな.
ただ,エクセルを使って数値実験を体験できる簡単な例を示しているので,感覚をつかむには良いと思う.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック