これから論文を書く若者のために

これから論文を書く若者のために
2002/共立出版
酒井聡樹著


以前から,Web上で,学生向けに論文の書き方を指南していたものをあらためて書籍としてまとめたもの.
若者の視点に立って,論文をどうまとめていったらいいのかをわかりやすく書いている.
とくに替え歌に載せながら軽快な文章でつづっていて,堅く成らずに“とにかく研究成果を論文にしてみましょう”と訴えている.

本書でとくに役に立つのが,イントロダクションの書き方.
“イントロ折り紙”という独自の発想方法で,比較的簡単にイントロダクションを作り上げる技術を紹介している.
イントロダクションを深めるということは,研究内容を深めることにつながる.
これを皮切りに研究計画を見つめ直すきっかけにも成る.

これから卒論・修論に取り組もうとしている学生にはぜひとも読んでもらいたい本である.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック