人生を学べる名画座

弘兼憲史の人生を学べる名画座
2004/主婦と生活社 弘兼憲史

「課長 島耕作」の著者が選んだ20作の映画について語った本.
その20作.良い意味でも悪い意味でも,まぁ.妥当なところ.
いわゆる「名作」とよばれるものがほとんどで出会ったように思う.

映画は嗜好性の強いものなので,“これがいい!”っと声高に叫んだところで,
みんなの共感を得られるとは限らない.
そう考えるとこの手の本は,難しいところで,実際私もこの手の本はほとんど購入したことがない.

ただこの本は,映画を深く見て,それを自分の人生のエッセンスとして取り入れていこうとする視線をとりいれている.これは私が映画を見るときの姿勢と一致している.
私にとっては,その共通点に惹かれ,この著者がどうエッセンスを抜き取っているのか?っと言う部分に,面白さを感じて読んだ本でした.


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック