下流社会

下流社会 新たな階層集団の出現
2005/光文社新書 三浦展


昨今の階級化社会,二極化社会の流れをくんでの本.

おわりにで,著者自身も少し触れてることから,おそらくわかっているのだと思うが・・・
本書の大半が,あくまで“仮定”の話である.

アンケートによって調査された内容を分析することで,論を展開しているが統計的な優位性はおそらくないでしょう.それに,目次に見られるような象徴的なストーリーの大半も,“おそらく”という話.

読んでると著者の偏見をアンケート結果という数字で置き換えているような印象.

ん~.うがった見方をすると,“ニート”や“希望格差社会”といったベストセラーでかつ象徴的な言葉となることを狙って書いたPR本なのかな ・・・と言う気がします.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック