武士道 いま,拠って立つべき日本の精神

武士道―いま、拠って立つべき“日本の精神”
2005/PHP文庫 新渡戸稲造 著 / 岬 龍一郎 訳

日本人に宿る道徳精神といわれる“武士道”.
その武士道とはいかなるものか?

それ以上に,その武士道がどのように日本人の心の中に形成されていったのか?
そこが知りたいと思って手に取った.

そのヒントは,新渡戸稲造による第一章武士道とはなにか,第二章武士道の源はどこにあるか でいきなりでてくる.

というのもこの“武士道”は,外国人に日本の道徳教育の根本を紹介しようとした本だからだ.

で,ここにはこうある.

まず,武士とは,「三民の上に立つ特権階級であり,長い年月の戦乱の世にあって,もっとも勇敢で,もっとも冒険的な者から自然に選び抜かれた者」である.
しかし,彼らはもともと「極めて野性的な,粗野な連中」である.
でも,「支配階級の一員として身につける名誉と特権が大きくなりに従いそれらにともなう責任や義務も重くなってきた」ため,共通の規範.それも強力な行動規範が必要となった.
そこで,「運命を穏やかに受け入れ,運命に静かに従う心」を説く仏教の教えを取り入れ,「傲慢な性質に忍耐心や謙譲心を植え付けた」.

そうして「それ自信を正当化し,満足させ,発展させるために,より高き権威や合理的な支持をもとめる」ようになり,「徳」や「品格」を形成していった.

このように私は読み解いた.
しかし,訳者はさらに深く読み解いていた.
武士道は,美談である.美談が美談として残るには,実際にはそうではなかったという現実があると.
そうして,訳者:岬氏はこう記述する.

「生きるか死ぬかの場面では,たとえ卑怯者とののしられようとも,勝ちたいと思うのが本能であり,いつの時代にあっても美学よりも強く,理想は現実の間英に打ち砕かれるのが世の習いである.
 しかし―.
 だからこそ,というべきか.武士道はそのことを十分に知っていながら,なおかつ汚辱に満ちたこの世で,その現実を超越する意志力,すなわち美しき理想をわが指針として,厳しく求めたのである.」

私の確認したかったのは,このくだりだったのかも知れない.
岬 龍一郎訳の“武士道”は,それを教えてくれました.






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック