私の嫌いな10の言葉

私の嫌いな10の言葉
2004 新潮文庫 中島義道 著




心のマイノリティに対するマジョリティーの傲慢さを打ち抜く哲学者・中島氏の言葉が詰まっている本.

「相手の気持ちを考えろよ!」
「もっと素直になれよ!」
「自分の好きなことがかならず何かあるはずだ!」などなど

こういう言葉を自分に投げかけられたとき,おや?という違和感を感じていたなということをあらためて思い起こさせる.
そういう違和感を感じていながら,自分も同じ言葉を発してしまっていたかもしれない.
場の雰囲気を和やかにするため・・・
相手を思いやるフリをしながら,自分の優位な立場におくため・・・
そして,相手の言葉を封じるために・・・

社会的な対面ではなく,自分が直に感じた違和感を,きちんと心にとどめておくことの重要性を再認識させてくれる.

中島氏の本を読むたびつくづく思うのは,ときおりこういう本に立ち返って,無意識に発っしてしまっている自分の言葉を修正しないといけないということ.
この“無意識”の恐ろしさ.
知らないうちに思考を停止してしまっている自分の感覚に,警告をうながす彼の言葉を大切にしていきたいと思います.






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのトラックバック