ひらめき脳

ひらめき脳
2006/新潮新書 茂木健一郎



「国家の品格」級のベストセラーを狙って,脳がひらめくときの様子を一般向けに優しく書き下ろしたという茂木氏の新書です.

先日,茂木氏の講演を聴いたのですが,ほぼこの本の内容と同じでした.

科学的発見のほとんどが,「ひらめき」によってもたらされている.
それはときにセレンディピティとよばれ,天才達がもつ「思わぬ幸運に出あう能力」とされる.

彼らは何故「ひらめく」のか.そのひらめきのメカニズムを優しく解説しています.
大切なのは,体験(=学習)と,偶有性(=不確実性)と,意欲(=努力)であるとのこと.この文脈の中から世界を見ると
「創造することと思い出すことは似ている」
という言葉は納得がいく.

我々人間は,人とのコミュニケーションのときにもっとも「ひらめき」を実践しているのだという.そういった「日常の中で出会う小さなひらめきを抱きしめる」ことによって,より豊かな日常を送りましょうといって本書を締めくくっています.


ストーリーの整った読みやすい本だと思います.


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック