クリティカル進化論 「OL進化論」で学ぶ思考の技法

クリティカル進化(シンカー)論―「OL進化論」で学ぶ思考の技法
1999/北大路書房 ぶん/道田泰司&宮元博章 まんが/秋川りす



クリティカル・シンクング.
ビジネス書の分野でも一時期はやりましたね.

この「物事をきちんと考え判断するための技法」は,一時の流行で終わらせて欲しくないとても大事なテクニックだと思っています.

本書は「OL進化論」という4コマ漫画にでてくる日常のちょっとした出来事・考え方を通して,その技法=クリティカル思考のノウハウをわかりやすく紹介しています.

とにかくまず,事実と意見をきちんとわけること.
そして,意見としての推論の仕方が妥当かどうかを考えること.
その根拠としての事実は,本当に正しいのかを問い直すこと.

要はこの3点を大切にする.あとはこれらをチェックするだけ.
しかし,ここに人の心の落とし穴が沢山開いているわけです.
たとえば,背後に隠れている出来事のせいで本来は直接関係ないことをあたかも因果関係があるかのように見てしまったり,似ているもの同士はきっと同じだと判断したり,シロじゃなければクロだと決めつけちゃったり,一人の経験が他の人にも当てはまるかのように錯覚したり.

そういう誤りをうむ大きな要因の一つとして,本書では「スキーマ」と呼ばれる人の心の「フィルター」あるいは「色眼鏡」を紹介しています.

とにかく自分が騙されたり,不当に扱われないために,そしてなにより自分自身が無意識に人を騙したり,差別していまったりしないためにも,一度触れてもらいたいのがこのクリティカル思考.本書は,そのクリティカル思考に初めて触れるにはお薦めの本だと思います.





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック