シルクロードの水と緑はどこへ消えたか?

シルクロードの水と緑はどこへ消えたか?
2006/昭和堂 日高敏隆 中尾正義 編



端的に言って非常に面白い本でした.

“水”環境の変遷に的を絞ったシルクロード・砂漠の本というのにお目にかかったことがなかったので非常に興味深く読むことができました.


砂漠を流れる河川の特徴,オアシスの姿,それから地下水.
第1章~第3章では,湿潤な日本とは全く異なる水の振る舞いをとてもわかりやすく解説しながら,シルクロードの環境変化の変遷を最新の研究成果を織り交ぜながら記しています.

第4章では,中国から日本にやってくる黄砂について,地球環境におけるその不思議な振る舞いを紹介しています.

そして,とくに面白かったのが第5章.
水問題は,昔も今もかわらずに多く存在するもの.有史以来の人類最古の問題といっても良い.なのにいま,あれもこれも“世界水危機”だといって騒がれる.その実態は何なのかを,その変遷と共に冷静に述べています.

石油危機や地球温暖化などとは性質が異なる水の問題について,考えるきっかけをこの本は与えてくれると思います.
性質が違うが故に,希望もあります.“危機だ,危機だ!”といってあわてふためく前に,その本質を少し考えてみてはいかがでしょうか?








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック