環境共同体としての日中韓

環境共同体としての日中韓
2006/集英社新書 寺西俊一監修/東アジア環境情報発伝所編


日中韓.アジアとしてみたときも,また世界で見たときも切っても切れないこれら三国の関係は,環境問題にしても同じ.

各国で問題になっているそれぞれの環境問題も,じつは三国の地理的・経済的関係性が非常に関係している.

そういう意味で本書のねらい,三国の結びつきを環境を軸に見ていこうとする姿勢にはとても興味を覚えた.

しかし,いろいろ盛り込もうとしすぎたのではないだろうか?
まとまりがなく,それぞれの問題をうす~くひろ~く紹介したに過ぎない感じがする.
典型的な問題を深く絞った方が良かったのでは?

さまざまなNGO関係のグループが協力して作ったようだけれども,それがかえって悪い方に作用してそれぞれを登場させるだけで終わっている感じがする.穿った見方をすれば,書籍になったという実績が欲しかっただけなのでは・・・.

でも,まぁ日中韓の環境問題カタログとしてはいいかもしれない.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック