大人が変わる生活指導

大人が変わる生活指導
2006/日経BP社 原田隆史



大阪の中学校の教師だった原田氏は,顧問をしていた陸上部で7年間に13回の日本一を獲得した.その指導は,技術の詰め込みやスパルタではなく「心をつくる」指導だった.
きちんとした心を作ることができれば,学生達は自分で目標を立て,自発的に練習するようになる.

この指導法は,なにも中学生だけに効くものではない.むしろ実社会で働く大人達にこそ必要な指導法なのではないか.この本は,大人にこそ生活指導が必要なのであるとの思いで書かれた原田氏の新刊書である.

書いてあるのは,誰かを指導する為のコツというよりもむしろ自分自身の仕事に対する姿勢,私生活に対する姿勢を,自分で改善させるための具体的な方法である.
リーダーにふさわしい上司の姿を自分自身で作り上げるための方法.その方法を,この本はとにかく具体的に書いてあるのが,とても良い.


とくに私が“はっ!”としたのは,とある刑務官の話でした.
長年,死刑囚と無期懲役囚を観察してきた刑務官がいうには,刑務所で充実した生活を送るのは意外なことに無期懲役囚よりも死刑囚なのだという.
死ぬまでの期限を切られた人間は,これまでの人生を振り返って
「自分はこれでいいのか?」と真剣に自分の人生に向き合うようになるという.


今よりもう少し仕事に対する姿勢を改善したいと思うならば,一読することを薦めます.


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック