理科系のための入門 英語プレゼンテーション

理科系のための入門英語プレゼンテーション
2003/朝倉書店 廣岡慶彦著



英語でのプレゼンについてのかなり実践的な内容の本です.

類書で前置きが長いものが結構ありますが,この本ではさっさと実践に入っていきます.おそらく著者が講義で学生にやらせたものがベースにあるからでしょう.

一つの理科系の研究発表をそのイントロダクションから,最後のサマリーまで一連の流れで書いてある点も,実際どうやったらいいか迷っている読者にはとても参考になります.
それに,中級者向けの原稿と,初級者向けの原稿の2バージョン収録されているのも良いですね.なにがどう違うのかがよくわかります.

この本は,私自身とても役に立ちました.



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック