「考える力」をつける本

「考える力」をつける本―新聞・本の読み方から発想の技術まで
1997/三笠書房 轡田隆史



良い意味でも悪い意味でも,大手新聞社論説委員としての雰囲気・発想法が表現されているなと言う印象を持ちました.
「大手新聞社」というところがミソで,これは「マス」の代表格.いや「マス」の意識を作っているといってもいいかもしれない.

だからやはりこの本も「マス」にうける安心感のある本になっている感じがする.
裏切りのない本.いままでいろんなところであげられ,良いとされてきた本の読み方・発想の仕方を無難にまとめている.

この本をとても物足りなく思ってしまう私は,マスの意識から離れかけているんだろうな・・・なぁあんてことを感じてしまう本でした.




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック