理系のためのプレゼンのアイディア

理系のための プレゼンのアイディア
2007/技術評論社 平林純




プレゼンのイロハを解く本は,世にたくさん出ています.
でも,その多くはビジネスシーンを想定した企画提案型のプレゼンテーションであることが多い.
我々のような理系の技術・研究発表型プレゼンテーションとは微妙にピントがずれているため,肌に合わないことが多い.

この本は,そんな私たちの型に合わせたプレゼンの技法が紹介されているので,この系統の本には珍しくフィット感を覚えました.

軽妙な注釈やもったいぶった表現が多いので,ちょっと胡散臭さがありますが,それを我慢して読めば,結構使える理系型プレゼンテーションテクニックが掲載されています.

すばらしい研究成果なのに,なぜかプレゼンの時,聴衆が寝てしまうことに頭を痛めている人(私を含めて)には発想を転換させる転機になるかもしれませんよ??

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック