慟哭 小説・林郁夫裁判

慟哭―小説・林郁夫裁判
2004/講談社 佐木隆三



遅まきながらオウム真理教が何だったのか,地下鉄サリン事件がどういうものだったのかを理解できたような気がします.

地下鉄サリン事件実行犯の一人である林郁夫の裁判の過程から,逮捕,取り調べの過程が小説として描かれています.
おもしろかったというには,あまりにも題材が深刻なのではこういう事を書くのはもばかられますが,この本を読んで良かったなと思っています.
そして,オウム真理教という「現象」の中に,林郁夫のような人物がいたということから,学べるところが多くあるなと感じました.



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック