高学歴ワーキングプア 「フリーター生産工場」としての大学院

高学歴ワーキングプア 「フリーター生産工場」としての大学院 (光文社新書)
2007/光文社新書 水月昭道




日本のポスドク問題を正面から取り扱った,一般向けの本です.
「高学歴」なのに「ワーキングプア」・・・.大衆の心理的な部分をうまくくすぐる意欲的で皮肉なタイトルだと思います.

ポスドク問題は私の身にも関わる問題でした.幸運にも私は大学で職を得ることができたのですが,先輩や後輩達の多くはまだ問題の渦中にいます.それでも,優秀な方々が多いためか不安定なポスドクの身分ながらも,いいキャリアを形成できているようです.

本書に書かれているのは,そういった比較的環境のいい理系国立大のポスドクではなく,国立大でも文系もしくは,私立大卒のポスドクの方々の問題を深く取り扱っています.
読んで分かるのは,昨今の若者の労働環境を取り巻く問題が,大学教員等の世界でも同様に起きているということです.同様のベストセラー「若者はなぜ3年で辞めるのか?」に書いてある構造的な問題と驚くほど似ています.

今に始まったわけではない,根の深い日本のポスドク問題.
全面解決する見込みはなさそうですが,そういった中でどう生きていくのかを真剣に考えないといけないなっと感じました.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック