レキシントンの幽霊

レキシントンの幽霊 (文春文庫)
1999/文春文庫 村上春樹



村上春樹は短編もいいですね。
エッセンスが凝縮されている感じがします。

とくに私が好きだったのは、「沈黙」と「トニー滝谷」
「沈黙」で語られる一般の人々の暴力性は、普段私が持っている感覚に非常に近意感じがして大変共感しました。哲学者:中島義道に通じるものを感じました。
「トニー滝谷」で語られる孤独感も、私の琴線にたまらなく響いてきます。

たまに読む村上春樹はなかなか心地好いものですね。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック