打たれ強くなるための読書術


打たれ強くなるための読書術 (ちくま新書 705)
筑摩書房
東郷 雄二


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




ネット環境の充実にはじまり情報が氾濫する昨今,多くの人々が「知的に打たれ弱くなっている」と指摘し,これを改善するための読書法を提案しているのが本書です.
では,「知的に打たれ弱い」とはどんな人か.
・すぐに解答を欲しがる
・どこかに正解がひとつあると信じている
・解答に至る道をひとつ見つけたらそれで満足してしまう
・問題を解くのは得意でも,問題を発見するのが不得手である
・自分の考えを人に論理的に述べる言語能力が不足している

あぁ.思い当たる学生の顔がたくさん浮かび上がります・・・.
「正解のない世界に耐える」ことができる「知的な打たれ強さ」を身につけるには,考えるための読書が必要であると本書は言います.

「著者の言うことに同意できない場所,疑問を感じる場所にも線を引く.ほんとうはこちらの方が重要である.なぜなら,あなたは著者の意見に賛成することによってではなく,疑問を持つことによって,知的に打たれ強くなり,自分の考えを形成することができるからである.」

他の読書論と比べると視点がハッキリしていて読みやすく,また同意できるところが比較的多くあるように感じました.
読書は好きだけど,ストーリー重視の読書しかしてないような人が,本書を読むと得るものが多いのではないかと思います.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック