寝ながら学べる構造主義


寝ながら学べる構造主義 (文春新書)
文藝春秋
内田 樹


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




とても知的好奇心をくすぐられるおもしろい本でした.

とくに一番おもしろかったのは,まえがきでした.

「よい入門書は,まず最初に「私たちは何をしらないのか」を問います.「私たちはなぜそのことを知らないままで今日まで済ませてこられたのか」を問います.
・・・私たちがあることを知らない理由はたいていの場合一つしかありません.
「知りたくない」からです.」

なかなか切れ味がよろしいですね.

マルクス,ニーチェ,フーコー,レヴィ=ストロース,バルト,ラカン,フロイトなどの思想の位置づけがはっきりとしました.
そして,自分が自分をどう人間として認識しようとしているのかも.

現代を読み解くために,手放せない一冊になったような気がします.


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック