文明の衝突と21世紀の日本


文明の衝突と21世紀の日本 (集英社新書)
集英社
サミュエル・P. ハンチントン


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




サミュエル・ハンチントンの「文明の衝突」をわかりやすく抜粋して,それに日本文明論をくっつけた読みやすい親書です.

世界を文明という視点でどう捉えるか.とくにアメリカ・日本・中国の関係性をどう捉えるかのヒントがたくさん出てきて,とても勉強になりました.

印象的な文章は数多くありますが,とくに日本について

「日本が特異なのは,日本文明が日本という国と一致していることである.」
「近代化の頂点に達しながら,基本的な価値観,生活様式,人間関係,行動規範においてまさに非西欧的なものを維持し,おそらくこれからも維持し続けると考えられる社会である.」
「社会を引き裂くような苦しみと,流血をともなう革命がなかったことで,日本は伝統的な分化の統一性を維持しながら,高度に近代的な社会を築いたのである.」

といった視点は,新鮮で興味深いものでした.
最近は,NHKの龍馬伝・坂の上の雲の影響で,幕末・明治維新が再評価されていますが,このハンチントンの日本文明論の視点と共にみるとより面白く感じますね.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック