緑のダムの保続


“緑のダム”の保続―日本の森林を憂う
緑風出版
藤原 信


Amazonアソシエイト by “緑のダム”の保続―日本の森林を憂う の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



日本の森林についての著者の思いを綴った物.
2部構成になっている.前半は,日本の森林・林業の変遷,とくに国有林に焦点を当てて,国の政策が失敗であったと嘆いている.
後半は,”緑のダム”について,これまで出版・公表されている緑のダムに関わる文献を整理したものである.

著者は,「はじめに」の中で述べているとおり,「森林を保続するため,ヤマにヒトとカネを注ぎ込まなくてはならない」という立場であることから,”緑のダム機能”に対しても,一貫して過剰な期待をもっている.
したがって,整理された文献に対しても”緑のダム機能”を過小評価している物に対しては評価が厳しい.緑のダムに関する情報の整理と言う観点からは,本書はなかなか有意義な本ではあるが,科学的に述べることができる知見を積み上げていくという態度ではなく,かなりバイアスのかかった評価なので,読む際に注意を要する.



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック