学校講話の極意 上巻 作り方の極意

学校講話とは,校長先生が学校行事のいろんな場面で生徒達に話をすること.
わかりやすく,簡潔に,行事や聴衆に会わせた的確な内容を伝えなければいけません.
そのテクニックには,私たちが学べるものが多くあります.

本書は,具体的な学校行事の場面を想定した講話集です.
でも,私としては序章の「学校講話の作り方の極意」が大いに参考になりました.


何のために講話をするのかをしっかり把握し,明確にすること.

伝えたい内容を案として列挙する.それぞれの内容を講話の目的や狙いに合致しているかを吟味する.そして精選した内容について,与えられている時間内で話せるかどうかを絞り込む.残された内容からさらに8割程度の内容に厳選する.

対象者の実態やニーズを考慮して話の柱を構成する.
講話で取り上げる事実について,聞き手が共通理解していないときは事実の話から入って,事実について解説し共通理解を図る.

導入で引きつける工夫が大切.終わり方にも工夫が必要.

講話の内容のどこかに「感謝」の心の表現を盛り込むようにする.また話の節々にさまざまな創意工夫や努力を挿入して,広報・宣伝することも必要.


学校講話の極意 上巻 (教職研修総合特集)
教育開発研究所
2011-01-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 学校講話の極意 上巻 (教職研修総合特集) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック