研究費が増やせるメディア活用術

現役の新聞記者が、どういう視点で、研究に関する記事を選び、記事にしているのかが紹介されています.
けれども,研究者にとっては,どうコミュニケーションをとり、どう公表すれば、メディアに取り上げられ,注目されうるのかが示されている,ある意味ノウハウ本とも取れるものです。

せっかく明らかにした研究成果。社会に役に立つはずと思っていればいるほど、やはり何らかの形でそれを世間に公表し、できれば取り上げてもらい、なんらかの反応を得て見たいものです。研究者は学会発表という形で常に同業他者に向けて発表はしているものの、一般向けにはせいぜいホームページに載せる程度です。
では、どうしたらいいのか?というノウハウを、この本は教えてくれます。内容の一つ一つはこれといって新しいことではありません。でも、メディアに取り扱ってもらうという視点で、いろんなことを再構成しているので、その流れというか、構成を知るだけでも価値があるのではないかと思います。





研究費が増やせるメディア活用術
丸善出版
山本 佳世子


Amazonアソシエイト by 研究費が増やせるメディア活用術 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック