論文作成デザイン

論文の書き方という技術的な課題にこたえる類書とは違い、論文をどうデザインするか?という観点で本書は書かれていて、とても興味深く、勉強になる内容でした。

とくにテーマにどう向き合うか、論文を書くということはどういうことかということを徹底的に突き詰めていて、わかっているつもりだった私もあらためて、論文を書くということの意味を再確認することができました。




論文作成デザイン―テーマの発見から研究の構築へ
東京図書
細川 英雄


Amazonアソシエイト by 論文作成デザイン―テーマの発見から研究の構築へ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック