間抜けの構造

ビートたけしによる”間”を題材にしたエッセイ

笑いには「間」が大変重要である.
そのことをたけしがいろいろに解説している所は,とても興味深い.

その他はまぁ.雑談という感じ.
それでも目に付いたのはこんな文章.

・「職人とアーティストは違うんだって.(中略)アートというのは,職人芸からの解放なんだ.それができるのが芸術家.ところが職人というのは,自らの職人芸でアートを封じ込めるという.」

・「日本人が得意な”間”は,かえって新しいものをつくる妨げになるのかもしれない.「”間”がわかる」「空気が読める」は,全体をうまくまとめることにはなるけど,その分,角も丸くしちゃう.



間抜けの構造 (新潮新書)
新潮社
ビートたけし


Amazonアソシエイト by 間抜けの構造 (新潮新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック