韓国 葛藤の先進国

本書の帯にこうあります.

「なぜこの国はいつも不満なのか?」

まさしく,韓国がもつ不満の根と実像をわかりやすく解説してくれる本でした.

もろい経済基盤がもたらすたいへんな競争社会.
それと,軍事独裁政権時代の暗い時代を,日本の記憶にすり替えてしまう民衆
誤解された民衆意識がもたらす司法の「ちゃぶ台返し」と,それがもたらす韓国政府の板挟み.

もちろん複雑な韓国の歴史,民衆意識などを新書の頁数ですべて書き表せてるとは思いませんが,それでも韓国を理解する一助になる本であったかと思います.



韓国 葛藤の先進国 (日経プレミアシリーズ)
日本経済新聞出版社
内山 清行


Amazonアソシエイト by 韓国 葛藤の先進国 (日経プレミアシリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのトラックバック