これからの環境論

これからの環境論―つくられた危機を超えて
2005/日本評論社 渡辺 正


これまでに出版された「シリーズ・地球と人間の環境を考える」11巻の総集編.

とにかく不安を煽るような環境問題に関する情報があふれているがどこか実感とあわない.
でも,マスコミやエライ人たちがいってるから,本当のことなのだろうということで,
どこかで聞いたことのあるような話をしたり顔で諭す人,脅す人,怖がる人が,大勢いる.

本当に滅亡的な事象が起きてるのか?
これまでシリーズで扱ってきた地球温暖化やダイオキシン,酸性雨などの事象を再登場させながら,思考を停止させず,きちんと考えましょうと訴えている.

みんな同じ方向を向いて喋りがちな環境論議の中で,違う方向を見て話す論調にきちんと耳を傾けることはとても大切なこと.
わーわー騒ぎ立てる前に,一度手にとって読んでみてはいかがでしょうか?

"これからの環境論" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。