バカの壁

バカの壁
2003/新潮新書
養老孟司


無知の知
冒頭に書かれているように,語りを文字に起こした書物なので,読みやすい.それに題名のインパクトがベストセラーになった大きな要因であろう.ただ,やはり語りが主体なので,言いたいことの全体像がなかなか見えてこないちょっとした苛立ちを覚える.
無知の知.本書を要約すると,これに限る.
教師としての彼が考える教育の本質.同じ教育に携わるものとして,共感できる部分は多い.

"バカの壁" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント