農家が教える イネつくりコツのコツ

イネ作りについて、1年間のサイクルとそれぞれの期間の作業内容・コツがまとめてあって大変役に立ちます。 農家さんのノウハウだけでなく、それぞれにきちんと学術的に体系的にまとめられた内容が掲載されているので、イネのことをきちんと学習することができます。 イネのことを知るには、おすすめの本です。 イネつくりコツの…
トラックバック:0

続きを読むread more

酒米ハンドブック

酒米だけに特化したちょっと珍しい本です. 全国各地で栽培され,醸造の原料になっている酒米について,玄米の写真,品種系統特徴などをカラーで記載してます. ページの下部に日本酒の銘柄のラベル写真が載っている所など,著差のこだわりが感じられますね. 酒米ハンドブック文一総合出版 副島 顕子 Amazonアソシエイト …
トラックバック:0

続きを読むread more

だれにでもできる土壌診断の読み方と肥料計算

農地における土壌について,わかりやすく記載した本です. とくにJAが指導している土壌診断の意義や目的などを重点的に紹介してます. でも肥料の考え方や,作物毎に必要な養分の考え方など,参考になります. だれにもできる土壌診断の読み方と肥料計算農山漁村文化協会 全国農業協同組合連合会肥料農薬部 Amazonアソシエ…
トラックバック:0

続きを読むread more

世界の測量

数々の数学的発見,磁場に関する発見をしたガウスと 南米を冒険し,オリノコ川の源流を突き止めると同時に,世界の植物地理の礎を築いたフンボルトの生涯を綴った小説です. 会話をすべて間接話法で記述しているので,最初ずいぶんと読みにくい感じがしました. 慣れればすらすら読めます. 両者とも天才であることは確かなのでしょうが,…
トラックバック:0

続きを読むread more

40歳から伸びる人40歳で止まる人

よくあるタイプの自己啓発本です. 目新しいことはありませんが,たまにこういうのを流し読みするのも悪くないでしょう. あくまで”流し読み”ですが. 一ついいなと思ったのは,第2章あなたは「本当の大人」になりきれたか?というところで紹介している 緒形拳さんの言葉でした. 「いつもニコニコしているけど,いざ怒ったらこわい…
トラックバック:0

続きを読むread more

イネの高温障害と対策

近年問題になっているイネの高温障害について,かなり詳細に記述した本です. もとになっているのは著者である森田氏の最近の多くの研究成果です. 精力的な調査研究によってかなりの程度明らかになってきたイネの高温障害がどのようなメカニズムによって発生するのかを,丁寧に記述しています. ひとえに登熟期の高温と言っても,高温にあたる時…
トラックバック:0

続きを読むread more

イナ作の基本技術

稲の生育についていろいろ語った本。 昭和60年の本なので内容はちょっと古いが、増刷を繰り返していまに至っているだけあって、内容は普遍的。 田植機の功罪や、生育と施肥の関係、栽植密度の関係など著者の持論が展開されています。 私のような稲作技術の基本を知りたい人向けと言うよりも、いまよりももっと収量を上げたいなどの向上心を…
トラックバック:0

続きを読むread more

光と水と植物のかたち 植物生理生態学入門

植物の形を、植物が生きるために必要な光と水の観点からまとめた専門書。 植物生態学の面白さが伝わる内容です。 ちょっと専門的ではありますが、周辺分野にいる私には大変興味深い内容でした。 とくに第1部の光部門では、群落の光合成について。 第2部の水部門では、植物の分布を分ける生理的制約についてがとくに面白かったです。 …
トラックバック:0

続きを読むread more

水辺のまちづくり 住民参加の親水デザイン

日本建築学会内の委員会がまとめた水辺についての本. 内容はおもに都市部の河川や,その親水空間を中心に,水辺に携わろうとする地域住民の活動をまとめたもの. 3章の事例集が,おそらくこの本の中心で,ここをちょっと体系的に,社会背景や水辺に関する研究事例などを1章,2章に集めて本書を構成している. だから,読み進めると言うよ…
トラックバック:0

続きを読むread more

水路の用と美 農業用水の多面的機能

農業用水路の歴史や役割,機能などをわかりやすくしかもある程度体系的にまとめてあって,農業用水のことを知るにはとても良い本です. とくに良いのは,学術的になりすぎていないことと,手書きの挿絵があたたかみを持っていると同時に,とてもわかりやすくなっていることです. 水路というものに興味を持ってもらうのに,とてもよい本だとおもます…
トラックバック:0

続きを読むread more

ヒートアイランドと都市緑化

ヒートアイランドを扱った本が最近増えています. この本もその内の一つですが,ヒートアイランド対策としての緑地の活用方法についてとくに言及しているのが特徴です. わかりやすく記述されてはいますが,一般向けとするにはちょっと専門的な内容が多いです. ですから,学生やヒートアイランド対策に関わっている人向けです. 本書…
トラックバック:0

続きを読むread more

EVERNOTE 「超」知的生産術

EVERNOTEを知的生産ツールとして活用するための方法をいろいろに解説した本です. 梅棹忠夫氏の知的生産術からの流れをきちんと踏まえているので,類書にありがちなEVERNOTEの使い方や過度のEVERNOTE賞讃に陥らす,あくまで「知的生産」の中にEVERNOTEを加えていく方法を解説しています. これは大変評価できる…
トラックバック:0

続きを読むread more

EVERNOTE 改訂版

iPad2を購入したことをきっかけにEVERNOTEを使い始めました. EVERNOTEの使い方を,理解するために本書を購入しました. カラーで画面を一つずつ丁寧に解説してあるので,わかりやすかったです. とにかく取説です. 一通り理解してしまえば,不要になる本です. 使い方がわかったら,活用方法を探るために他…
トラックバック:0

続きを読むread more

里川の可能性

里山に対して,身近な川を「里川」と呼び,この新しい用語「里川」のイメージに対して水や公共空間に携わる様々な人々の思いをオムニバスに紡いだもの. それぞれの専門分野によって,里川の捉え方,アプローチの仕方が異なるので,その点興味深いが,まとまりがないといえば其れまでともいえる. 主に都市を流れる河川,とくに東京と水辺と…
トラックバック:0

続きを読むread more

学校講話の極意 上巻 作り方の極意

学校講話とは,校長先生が学校行事のいろんな場面で生徒達に話をすること. わかりやすく,簡潔に,行事や聴衆に会わせた的確な内容を伝えなければいけません. そのテクニックには,私たちが学べるものが多くあります. 本書は,具体的な学校行事の場面を想定した講話集です. でも,私としては序章の「学校講話の作り方の極意」が大いに参考にな…
トラックバック:0

続きを読むread more

人気講師のすごい教え方

誰でもまねできる 人気講師のすごい教え方中経出版 多田 健次 Amazonアソシエイト by いろんな場面の講師を想定して,講演していく際に注意すべきこと,役に立つことを解説したビジネス本. 特段目新しいことはないが,内容が良く整理されているので,注意点などを再確認するには良い本だと思います. ポ…
トラックバック:0

続きを読むread more

だれでも一流講師になれる71のルール

だれでも一流講師になれる71のルール税務経理協会 茅切 伸明 Amazonアソシエイト by 講師を仕事としてやっていく場合に気をつけることをまとめた本. 話し方のノウハウなどは,いろんな場面で役にたちそうです.また講師としての売り込み型なども教員として役に立つ部分が多くありました. 話し方につい…
トラックバック:0

続きを読むread more

残念な人の英語勉強法

残念な人の英語勉強法幻冬舎 山崎将志 Amazonアソシエイト by 「残念な人の思考法」の著者が,日本人の英語の勉強方法について持論を展開したもの. 日本人の多くは, ・わからないことをわかるようにするのではなく,すでに知っていることを確認することで時間を浪費している ・英語のコアになる部分が理解できていない…
トラックバック:0

続きを読むread more