テーマ:宗教

悪と往生 親鸞を裏切る「歎異抄」

悪と往生―親鸞を裏切る『歎異抄』 2000/中公新書 山折哲雄著 「歎異抄」といえば, 「善人なをもちて往生をとぐ,いはんや悪人をや」という悪人正機論を思い起こす. 悪人の救済を取り扱ったものであり,悪人こそが阿弥陀如来によって救われる第一走者であるということをいっている. これらは親鸞の説であるが,「歎異…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空海とアインシュタイン 宗教と科学の対話

空海とアインシュタイン―宗教と科学の対話 2006/PHP新書 広瀬立成 タイトルがいい.コンセプトも面白い.でも,期待はずれ. それが正直な感想です. それぞれが中途半端なのが,悔やまれます. 空海とアインシュタインの宇宙観の何が共通していて,なにが違うのかをもう少しじっくりと掘り下げて欲しかった. …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more