テーマ:参考書

エクセル水理実験入門

エクセル水理実験入門 2004/山海堂 監修:本間仁/著者:環境流体研究所 まったくもって誤字脱字が多すぎる. 図や式の番号ずれは当たり前. こんなひどいものを良く出版できるものだ. また,「実験入門」ならもう少し実際の実験に即したものにするべきだと思う. エクセル上でちゃちゃっと計算できてしまうよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水理学詳説

水理学詳説 1971/理工図書 丹羽健蔵著 改めて読み直しました. ”読める”水理学の解説書といっていい. おおむね水理学Ⅰと呼ばれる分野の様々な事象を,とてもわかりやすく,丁寧に解説してあります. 現象の説明の後に設けられた「例題」も,式の展開を省くことなく書かれているので理解しやすい. 教科書として使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水理学の基礎

水理学の基礎 1972/理工図書 浅野石夫 初学者向け水理学の専門書. 「基礎」と銘打っているだけあって,言葉数を多めにして,とてもわかりやすく解説している. 諸処の式の展開も極力省略せずに記述されていて,とにかくわかりやすい. 式の展開の途中のものには番号は割り振らず,後で代入等で用いる式には(a),(b)と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水理学入門 改訂版

水理学入門 改訂版 1957/森北出版 本間 仁・米元卓介・米屋秀三 共著 初学者向けとされる水理学の本. 初学者向けにしては,言葉数が少なくまた現象の説明,式の導入・展開などがちょっと小難しい. きちんと理解するには,誰かに足りない部分を実際の言葉で補ってもらう必要があろう. そういう意味ではまさしく「教科書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日の環境と人間

明日の環境と人間―地球をまもる科学の知恵 2004/化学同人 川合真一郎・山本義和著 本書は“環境問題”として,世間でいわれていることを,あくまで一般的にまとめたもの. たとえば第2章に示されている温暖化に関しては,IPCCの報告書と各種ハンドブック・地球白書など,一般的なことが述べられることが多い書籍の中でも,さらに一般…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道具としての流体力学

道具としての流体力学 2005/日本実業出版社 松本洋一郎監修・山口浩樹著 署名から察するとおり,流体力学の入門書. 基礎概念から,ナビエストークス方程式導入まで,偏微分方程式を細かく展開し,記述しているのでわかりやすいと思う. 5章以降のシミュレーションの記述をもう少し詳しくしても良いような気がするが,入門編だから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詳述 水理学

詳述 水理学 1999/技報堂出版 池田駿介 著 流体力学の中の一部分としての水理学として,水理学を理解したい場合には最適の著. さまざまな現象を詳しく解説してある. ただし,初学者というか微積なんかを理解できない人には,かなり難しいと感じると思う.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水理学演習

水理学演習 1990/森北出版 鈴木幸一 著 タイトル通り水理学の問題集. 他書に比べて扱っている現象の幅が比較的広い. たとえば,“波”や,“浸透層内の流れ”など. 各章に基本問題として,文章の穴埋め問題が記載されている.これも他書にはあまり見られない. ただ,基本式を導出させる問題や,式を証明する問題,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学土木 水理学

水理学―大学土木 1997/オーム社 玉井信行・有田正光 共編 “絵とき”や“考え方解き方”シリーズと比べると,やはりすこし難しいというか,取っつきにくさがある. 難しいといっても,たいしたことはないけれども. 他書との関係というか,位置づけがすこし難しいところ.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

考え方解き方 水理

考え方解き方 水理 平成10年 オーム社 近畿高校土木会 編 高校の土木の先生方が,水理学の問題を易しく解説した好例のシリーズ. それぞれの内容を豊富なイラストで,易しく解説. その上で,例題に沿って,問題の解き方を解説している. “考え方解き方”とあるように,問題にあたるときのポイントを示したり,式の展開を細か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵とき 水理学 

絵とき 水理学 平成10年・オーム出版 粟津清蔵 監修 土木工学の各分野を易しく解説した好例のシリーズ. “絵とき”とあるように,豊富なイラストと,メリハリのある紙面で,わかりやすく解説している. 講義で,水理学を受講したものの,難しくて挫折した学生や,復習のときにとても役に立つ.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水理学演習

水理学演習 1991/東京電機大学出版局 有田正光・中井正則 共著 簡単な解説と,豊富な例題・演習が記載されている. 同タイトルの類書とくらべると,出題範囲がかなり絞られているが,解答に多くのページがさかれている点に特色がある. 問題集としては,比較的良いほうだと思う.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水理学Ⅰ・Ⅱ

水理学 1 最新 (1) 1981/森北出版 大西外明 著 水理学 2 最新 (2) 1981/森北出版 大西外明 著 水理学の入門書として書かれている様子. 実際,書く事項の解説が比較的詳細で,とくに式の導出課程が比較的細かく記述されている. また,例題もけっこう豊富に載っていて,たしかに入門書として良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水理学詳説

水理学詳説 1971/理工図書 丹羽健蔵 著 詳説とあるように,かなりやさしくかつ,詳細に水理学を解説している. 一通り水理学を学習したことがある人が,復習ついでに読み物として読むとかなり,理解が進むのではないかと思われる. ただ,数回改訂されているものの,やはり古い.印刷も抑揚がないので,初学者には若干取っつきに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵とき 測量

絵とき 測量 平成5年 オーム社 粟津清蔵 監修 包国 勝 茶畑洋介 平田健一 共著 土木関係のエンジニアのために技術を易しく解説した「絵とき」シリーズの測量版 多くのイラストと身近な例をとりいれて,測量の原理・考え方をやさしく説明している. 現場での測量の際の野帳への記入の仕方,計算の仕方なども丁寧に書いてあるので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

考え方解き方 測量

考え方・解き方測量 1998 オーム社 近畿高校土木会 高校の先生方が書いておられる定番シリーズの測量版 「考え方・解き方」と銘打っているだけあって,座学としての測量問題に対するアプローチの仕方を丁寧に解説してある. 公務員試験などの問題集の傍らにおいて,回答の仕方を理解するのに良いと思います.
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more