テーマ:科学者

科学は大災害を予測できるか

2011年3月11日をきっかけに、昨年ほど「予測」というものに注目が集まったことはなかったのではないでしょうか。 科学というものは、様々なものの中から客観的に事実を抽出し、それをモデル化し、そして予測するという段階を踏んでいきます。 この本は、その科学における「予測」というものに、自然災害、気候変動などのトピックスから迫ったものです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奮い立たせてくれる科学者の言葉90

タイトル通りさまざまな科学者の言葉を集めたものです。 移動時間にササッと読めます。 いくつか気に入ったものをあげると・・ 益川敏英: 勉強は強いられるものではなく、知りたいと思うことを見つけて楽しみながらやるものだ。 利根川進: よく言うことなんだけど、ひじょうに楽観的な人がサイエンスに向いていると思うのです。い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇妙な論理Ⅱ なぜニセ科学に惹かれるのか

奇妙な論理〈2〉なぜニセ科学に惹かれるのか 2003/早川書房 マーヒン・ガードナー/市場泰男・訳 1952年に出版された疑似科学分野に関する古典本の第二弾. 引き続き古典的なニセ科学がいろいろと紹介されています. UFO,ホムンクルス,アトランティスとムー,ピラミッド,様々な代替医療,性の産み分け論や,骨相学まで.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇妙な論理Ⅰ だまされやすさの研究

奇妙な論理〈1〉―だまされやすさの研究 2003/早川書房 マーヒン・ガードナー/市場泰男・訳 1952年に出版された疑似科学分野に関する古典ともいっていい本の翻訳物です. 半世紀前にアメリカで話題になった怪しい科学について,かなり網羅的にその内容を紹介しています. 時代が古いことと,アメリカで話題になったも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファインマンの手紙

ファインマンの手紙 2006/SoftBank Creative リチャード・P・ファインマン著/ミシェル・ファインマン編/渡会圭子訳 感動しました. 久しぶりに本を読んで涙しました. リチャード・P・ファインマンは1965年に量子電磁力学の研究により日本の朝永らとともに,ノーベル物理学賞を受賞. 理論…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more