テーマ:エッセイ

督促OL修行日記

クレジットカード会社で,督促の案内を行う部署で働く若い女性の奮闘日記. おもしろおかしく描かれている会社,コールセンターのハードワーク,そしてお金を返せないお客様達の実情は,蚊帳の外で見ているからこそ面白い.けど,決して踏み込みたくない世界である. そんな彼女が,本編の間に挟まるコラム:頼みづらいことを頼む,断りにくいことを断る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しく怒れ

故・岡本太郎のエッセイ 生前,様々な世の中の事象に対して率直に感じ取ったことを綴っている. とくに子供が示す表現(絵や詩)に関して,彼の想いを語っている箇所に,まさに彼の「怒り」の原点が見える気がしました. 「いったい子供は「絵」を描いているのだろうか.  「絵」ではないのだ.自分の若々しい命をそこにぶちまけている.その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生きる悪知恵

西原版「怒り新党」っというのが,読んで一番最初に感じたことでした. いろいろな質問に対して,西原さんならではの回答が並びます. 建前としての答えではなく,ある意味,しぶとく生き延びるための答えがそこにある. うすうす感じてはいるけど,私たちは建前上口に出すことはできない. そんな事を,バシッと言ってくれているそんな気にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子大生がヤバイ

女子大生がヤバイ! (新潮新書)新潮社 小沢 章友 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 女子大で文章指導をしているという著者が,その文章指導の講義の中で学生が実際に創作した「小説」「エッセイ」を紹介しながら,昨今の女子大生の思考の一例を提示した本. 学生自ら著したものなので,世辞に翻弄されながら生きて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつか,一緒にパリに行こう

いつか、一緒にパリに行こう―パリ・ライフ・ブック (光文社文庫 つ 14-2)光文社 辻 仁成 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ パリに行った直後に読みました. 自分が感じたパリを思い出しながら読んでいると,とても共感できるというか,もう一度改めてパリに行きたいなって思わせる本です. フランス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不動心

不動心 2007/新潮新書 松井秀喜 昨年5月11日の左手首骨折の経験を通して,これまでの野球人生を振り返り,これからを見つめようとした大リーガー・松井秀喜のエッセイ. 人柄を表すような素直な言い回しがとても印象的でした. それから,長島茂雄監督の師弟関係の強さも印象に残りました. 彼が大切にしていると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐賀のがばいばあちゃん

佐賀のがばいばあちゃん 2004/徳間書店 島田洋七 最近話題ですね.私も読みました. 平易な語り言葉で書かれてるので,とっても読みやすくてすぐに読み終わります. 島田洋七氏の幼少時代に経験した佐賀での暮らしを,おばあちゃんにまつわるエピソードを中心に綴ったものです. みんなが貧乏だった時代のなかで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more