テーマ:専門書

水文科学

水文科学共立出版 筑波大学水文科学研究室 Amazonアソシエイト by 水文学の教科書として書かれた専門書. 比較的最新の研究成果を多く取り入れてあるので,私自身もいろいろ勉強になりました. 大学院の教科書として使ってみたのですが,正直使いにくかったです. でも,ホームページにアクセスすると,本の中で用いられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お天気の科学

お天気の科学―気象災害から身を守るために森北出版 小倉 義光 Amazonアソシエイト by 気象現象をトピック毎に解説した専門書. 比較的平易に解説してあるが,科学的な側面はしっかりと抑えてあるので,対象としては大学生レベル以上でしょうか. 近藤純正著の「身近な気象の科学」とアプローチはかなり似ている. …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウォーター 世界水戦争

ウォーター 世界水戦争株式会社共同通信社 マルク・ド・ヴィリエール Amazonアソシエイト by 水が大切!っと説く本の一つです. なかでもこの本では,すでにあちこちで火種になっている水を巡る紛争とその歴史を丁寧に記述しているのが特徴です. ただすべての地域のすべての歴史を丁寧に読むには,非常に骨が折れます. 正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地圏水循環の数理 流域水環境の解析法

地圏水循環の数理―流域水環境の解析法東京大学出版会 登坂 博行 Amazonアソシエイト by 流域をモデルで解析する際の理論や数式等について解説されています. とくに地下水の動態を扱う概念や理論を詳しく書いてるので,水循環モデルなどを構築したり,適用したりする際に役に立つと思います. 水文学周辺分野の専門家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森田さんのなぞりがき天気図練習帳

森田さんのなぞりがき天気図練習帳講談社 森田 正光 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 天気図を書くための練習本はこれまで見たことがなかったので新鮮でした. 前半の天気記号や,風速・風力の練習はいいと思いますが,後半の等圧線の練習はもう少し実際に近い形で練習した方がいいと思いました. この本ではうっすらと薄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よくわかる気象学

イラスト図解 よくわかる気象学ナツメ社 中島 俊夫 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ それぞれの現象を,言葉を尽くしてわかりやすく説明していてとても良いと思いました.いろいろなことを省略せずに書いてあるので,どうしてもページ数が多くなって,一見取っつきにくい印象を持ちますが,読んでみると苦にならない分量でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身近な気象の科学

身近な気象の科学―熱エネルギーの流れ東京大学出版会 近藤 純正 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 学生の頃に一度読んだのですが,改めて読み直してみました. あるトピックを取り上げ,それについて気象学の知識・数式を解説しながら実際に計算してみせて,その現象について気象学的な立場からの回答を提示していくスタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洪水の数値予報

洪水の数値予報―その第一歩森北出版 日野 幹雄 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 学生の頃に一度読みましたが,改めて読み直してみました. しばらく,流出モデル関係の研究から遠ざかっていたので,結構新鮮な気分で読むことができました. 改めて読んでみて,いい本だなぁって思いました. 数値モデルで流出現象…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温暖化の発見とは何か

温暖化の“発見”とは何かみすず書房 スペンサー・R. ワート Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 地球温暖化というものに,いつ頃誰が,どのように気づき,どのようなコミュニティの中で議論され,現在に至るのかを,一つの「科学史」として紹介しています. この本を読むと,様々な分野の様々な科学者達によって,あらゆ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水が原を変える 台地かんがい農業・宮崎県からの報告

水が〈原〉を変える―台地かんがい農業・宮崎県からの報告 (みやざき文庫 61)鉱脈社 河野 広 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 農業水利事業による畑地潅漑の整備によって,宮崎県の台地に展開する畑作農業にどのような効果があったのかを,豊富な写真で紹介したもの. 宮崎県の農業の特徴と,農業水利事業を学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

研究者のための上手なサイエンス・コミュニケーション

研究者のための上手なサイエンス・コミュニケーション東京図書 A ウィルソン Amazonアソシエイト by ウェブリブログ この本はHANDBOOK OF SCIENCE COMMUNICATIONという洋書の和訳本です. ですから,サイエンスコミュニケーションの本ですが,英語をベースにしたライティングスキルの解説やなど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球温暖化と農業

地球温暖化と農業 (気象ブックス)成山堂書店 清野 豁 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 温暖化による農業への影響について,とくに日本の農業への影響について詳しく記述されている. 多くの研究成果を項目別にまとめていて,データとしては非常に参考になります. でも,読み物として見るとちょっと評価が落ちます. …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マンガでわかる環境工学

マンガでわかる環境工学彰国社 原口 秀昭 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ タイトル通りマンガで環境工学について,解説している. どうやら構造力学編の続編らしいが,そっちを読んでいないのでつながりはよくわからない. 「環境工学」と銘打っているものの,分野的には建築系環境工学ですね. 温度熱環…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然環境解析のためのリモートセンシング・GISハンドブック

自然環境解析のためのリモートセンシング・GISハンドブック古今書院 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ リモートセンシングやGISの基礎とその利用の実際例を,自然環境分野に的を絞って紹介した本. 類書ではリモセンやGISの概要と利用例を申し訳程度に記述したものが非常に多いですが,この本は利用事例を自然環境分野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民と消費者重視の農政改革

国民と消費者重視の農政改革 (経済政策分析シリーズ)東洋経済新報社 山下 一仁 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 農業経済の専門書です. 私の専門分野とは微妙にずれますが,ときおり新聞や雑誌等で山下氏の論評を見て,複雑な農政の問題を,とてもわかりやすく論じているので,一度著書を読んでみたいと思って手に取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地圏の水環境科学

地圏の水環境科学東京大学出版会 登坂 博行 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 水循環や水環境を地圏からの視点でまとめた専門書. 地球物理的な観点から,地質が形成される比較的長い時間感覚で 水循環を扱っているところに,類書にない特徴がある. 水循環の中でも,とくに地下水をメインステージで考えよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然環境とのつきあい方 湿地といきる

自然環境とのつきあい方 (4) 1997/岩波書店 樋口広芳・成末雅恵 湿地と動植物との関係性について,優しく述べた本. ここでいう湿地とは,干潟や浅い湖沼,川などのこと. とくにここでは鳥類との関係について述べられていました. 本書の本筋とはちょっと違うけれども,カッパ伝説と田畑の灌漑排水環境のくだりが私にと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高温障害に強いイネ

高温障害に強いイネ 2007/養賢堂 日本作物学会北陸支部・北陸育種談話会 編 近年,日本全国で問題になっている水稲の高温障害. 登熟期の高温によって,白未熟粒などが発生し品質を低下させているとされていますが,詳しいメカニズムや防止策は十分に分かっていません. 水稲の生育と気象との関係は,これまでは冷害対策の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作物栽培の基礎

作物栽培の基礎 (農学基礎セミナー) 2000/農山村漁村文化協会 栗原浩・逢原雄三・津野幸人 他著 農業高校の教科書. 作物栽培についてとてもわかりやすく,しかもポイントを抑えて書かれているので,素人や分野外の人間が作物栽培の基礎を知るにはとても役に立つ内容です. とくに稲については,基本的なことから詳しく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理系なら知っておきたい ラボノートの書き方

理系なら知っておきたいラボノートの書き方 2007/羊土社 岡崎康司・隈藏康一 編集 特許などの知的財産関係や,最近の論文ねつ造報道を受けて,日本でも研究ノートをとり保管することが推奨されるようになってきました. とはいっても,実際どうノートをとり,保管すればいいのか.研究室のメンバーとどう共有すればいいのかといったノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気象と農業生産

気象と農業生産 1986/養賢堂 坪井八十二 気象によって引き起こされる農業生産量の減少や食味の劣化などを,気象災害と呼び,この気象災害を防ぐために試みることが可能な数々の気象改良技術を著者の豊富な研究実績から綴っている専門書. とくに本書では,戦後,北海道・東北地方で頻発した稲作の冷害被害を防ぐ方法に大きなウエイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の水理学史

私の水理学史 1985/丸善 本間 仁 日本における戦後の水理学分野に多大な功績を残した東大名誉教授の本間仁先生. 同時に多くの専門書を世に送り出したことから,氏の水理学は「本間水理学」と称される. 本書は,その本間氏が同じ水理学の大御所,林泰造中央大学教授,日野幹雄東京工業大学教授,荻原国宏東洋大学教授の三方と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱の流れ

熱の流れ 1997/森北出版 八田夏夫著 伝熱工学の内容がとてもわかりやすく記述されています. 現象を言葉で丁寧に解説したあとに数式が出てくるので,理解しやすいです. 数値解析を行うことを念頭に,数式を記述しているので,ある程度差分化もされていて,数値モデルを使用している人にはとても役に立つと思います. …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GISと地球表層環境

GISと地球表層環境 2004/古今書院 R.ディカウ・H.ザオラー編/小口高・小松安希・小口千明・佐藤一幸訳 自然科学分野におけるGISの応用事例を紹介した本. ドイツで出版された英語の本を訳したようなので,ドイツの事例ばかりである. 事例はそれでも良いけれどもちょっと困るのが引用文献もドイツ語のものが多いこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FUNDAMENTALS OF HYDROLOGY

Fundamentals of Hydrology (Routledge Fundamentals of Physicalgeography) 2003/Routledge Tim Davie タイトルの通り水文学の基本を記した教科書. 英文も易しく,水文学的な事項もわかりやすく書いてあるので,初学者が英語に慣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォトショップによる衛星画像解析の基礎

Adobe Photoshop フォトショップによる衛星画像解析の基礎―手軽にできるリモートセンシング 2003/古今書院 田中邦一・青島正和・山本哲司・磯部邦昭 著 タイトルの通り衛星画像解析の基礎をわかりやすく解説した専門書. 専門のソフトを持たない人でも,衛星画像解析を始められるようフォトショップを利用し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WTO交渉と日本の農政

WTO交渉と日本の農政―問われる食の安全・安心 2005/筑波書店 中原准一著 日本の農政を考える上で,いまやWTO事情は欠かせない. とはいっても,各国の思惑が錯綜する交渉事象であるために,情勢は絶えず変化するので新聞やTVの報道だけでは,なかなか全体像をつかみにくい. 私も農学部に所属する身であるので,教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工衛星から得られる地球観測データの使い方

人工衛星から得られる地球観測データの使い方 2002 大林成行 編著 大成出版社 最近の人工衛星データの特徴やデータの取得方法などを解説した本. 私は,第2章で触れられる “人工衛星データは航空写真とどこがちがうか”という問いかけに興味を抱いてこの本を購入しました. 判読が中心となる航空写真は,どちらかというと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流れの数値計算と可視化

流れの数値計算と可視化―Tecplotで視る流体力学 2004/丸善 平野博之 著 流れの数値計算結果をどう可視化するか?は,数値モデルの作成と同様に最初に頭を悩ます問題である. ちまたにあふれる可視化ソフトは高額で,また操作も難しそう. その点,本書で紹介されているTecplotは,同封されているCD-ROMで試用でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱流動の数値シミュレーション

熱流動の数値シミュレーション―基礎からプログラムまで 1990/森北出版 香月正司・中山 顕 共著 SIMPLE法による熱流体解析用汎用プログラム SUNSET の基本コンセプトと,そのアルゴリズムを丁寧に解説した本. 姉妹本である コンピュータによる熱移動と流れの数値解析 を実際にプログラミングしたもの. プロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more