テーマ:専門書

テレビ的教養

テレビの誕生と,放送局の発展・統合の歴史を振り返りながら,テレビが日本人に与えた影響を様々な文献資料を基に紐解いた専門書. 各時代に観られるテレビの識者達による捉え方と,市民の捉え方の変遷は大変興味深いものでした. そして本書は,「テレビは家族のコミュニケーションを破壊するという批判が今では圧倒的だが,テレビ登場以前の一般家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学生・研究者のための 学会ポスターのデザイン術

学会でポスター発表する際に役に立つポスターの作り方.とくに「伝わる」ポスターを作るにはどうしたらよいのかを解説した本. 特に良いのは,具体例を使ってポスターデザインの修正例を多く掲載している所. すっきりと論理構成を見せて,強調したい所を強調してみせるやり方がよくわかるようになっています. 学生にぜひ一読させたいですね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミュニティ・エネルギー

昨今盛り上がる再生可能エネルギー その盛り上がりの背景を解説すると主に,これを新しいコミュニティ形成のための手段として利用していくにはどうしたら良いのかを探った本です. ちょっと総論的で,まだ実働がほとんどないところがあるので,ちょっと物足りないですが,切り口が面白いので,まぁ参考になります. コミュニティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作物生産からみた米の食味学

米品質に興味・関心が高まっている昨今にあって,意外になかった食味に関する本 食味の分析方法や,食味に及ぼす様々な要因を概観していて,とても役に立つ内容でした. 作物生産からみた米の食味学養賢堂 松江 勇次 Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水資源の科学

教科書として講義に使えるかどうかを確認するために読みました. 地球の水のこと,水資源のこと,河川水のことなどが過不足なく,しかも難しくなりすぎないようにまとめられていて良いなという印象です. 水資源の科学朝倉書店 中沢 弌仁 Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

論文作成デザイン

論文の書き方という技術的な課題にこたえる類書とは違い、論文をどうデザインするか?という観点で本書は書かれていて、とても興味深く、勉強になる内容でした。 とくにテーマにどう向き合うか、論文を書くということはどういうことかということを徹底的に突き詰めていて、わかっているつもりだった私もあらためて、論文を書くということの意味を再確認する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水供給 これからの50年

「本書は、水道普及率が97%を超え、水道事業そのものが成熟期を迎えるなか、これまでの水道がたどってきた歴史を踏まえて、これから50年後までの水道事業が持続的であるために、いま何をすべきかという問いに対する答えを求めることを目指し」たものと序文に示してあるとおりのものである。 水事業に関わる同業者向けの本だと割り切れば、水事業につい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホントに緑は猛暑を和らげるか

同著者の類書、「植物気候学」の内容を、ある程度削って、ヒートアイランド関連の話題のものだけをまとめたスリム版です。 ホントに緑は猛暑を和らげるか成山堂書店 福岡義隆 Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植物気候学

植物を通して見た気候学の本です。 著者のこれまでの研究の集大成を教科書の形でまとめたものと見た方がいいでしょうか。 トピックスごとにまとめられているので、植物と気象・気候の関連性を事例で紹介するにはとても使いやすい本だとおもいます。 植物気候学古今書院 福岡 義隆 Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

畑の土と水

畑地かんがいに焦点を絞った本。 水田かんがいの本はちょくちょくみるけど、畑灌だけの本はあまり見たことがない。 前半は基本のおさらい。 3章からは、各地の畑地かんがいの事例を紹介をしている。 ただ事例を紹介するだけでなく、様々な地域・タイプの灌漑について、統一的にまとめているので 比較しやすくて良いと思いました。特に5章のハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翻訳に役立つGoogl活用テクニック

とても良い情報を仕入れることができた。 読んだ後にそう思える本でした。 自分で書いた英文にどこか自信が持てないときに、是非参考にしたいのがインターネット上にあふれる生きた英文たち。 これを利用するためのテクニックが紹介されている。 これを読んで、少しだけ英文に自信が持てるようになりました。(あくまでも、少しだけですけどね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学授業を活性化する方法

大学講義の工夫の仕方として、いくつかの方法を紹介したもの。 コンセプトは「内容は良くて当たり前、さらに、それがいかに適切に学生に届いたかという観点の評価が必要」 「学生が変化してこそ、その授業の存在意義がある」というもの。 事例では、最近注目される「協同学習」に焦点を当てたものがやはりメインになっている。 共同学習に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

授業の道具箱

授業のアイデアがものすごく詰まった本当に「道具箱」のような本です. 私は特に,Ⅳ章授業の戦略と,Ⅶ章の文章力および宿題 が大変役に立ってます. 分厚い本なので,ちょっと読むのに尻込みしてしまいそうですが 読み始めたら,どんどん読めるし,読む度に授業のアイデアが湧いてきます. 大学の講義をもっと良くしたいと思う先生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学教員のための授業方法とデザイン

大学の授業をどのようにデザインするかを整理した本. 漠然と捉えていたシラバスの考え方や,成績評価の考え方などを その目的や意義などが整理してあって,改めてその意味を考え直す きっかけを与えてくれます. 後半の6章,7章は新入生向けのスタディスキルのための授業の方法は,類書にもいろいろ載っていますが 1章から5章までの通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根のデザイン

稲の品質の研究を最近している関係で,食物の根の働きがとても重要なのではないかと最近思っています. そこで,根について書かれた本はないものかと手に取りました. 本書は,食物の根について,焦点を当て,その形態的特徴,機能などを解説しています. とくに参考になるのは,その測定方法や評価の仕方をまとめた第2部です. 若干網羅的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

河川の減災マニュアル

河川の水害に対する防災・減災について、まんべんなくまとめた本。 こちらは、平常時にどのように水害に備えるか、どう河川管理するかなど、災害時というよりは少し引いた目線で書いてあります。 どちらかというと専門家や自治体行政関係者向けですね。 河川の減災マニュアル―現場で役立つ実践的減災読本技報堂出版 末次 忠司 Ama…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実務者のための水防ハンドブック

題名の通り実務者向けの水防に関して、かなり詳しく書いている本です。 とくに水防団による水防活動について、とても充実した内容です。 用語録や関連法規などもまんべんなく掲載されていて、ずいぶん勉強になりました。 実務者のための水防ハンドブック技報堂出版 国土技術政策総合研究所= Amazonアソシエイト by …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イネの高温障害と対策

近年問題になっているイネの高温障害について,かなり詳細に記述した本です. もとになっているのは著者である森田氏の最近の多くの研究成果です. 精力的な調査研究によってかなりの程度明らかになってきたイネの高温障害がどのようなメカニズムによって発生するのかを,丁寧に記述しています. ひとえに登熟期の高温と言っても,高温にあたる時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光と水と植物のかたち 植物生理生態学入門

植物の形を、植物が生きるために必要な光と水の観点からまとめた専門書。 植物生態学の面白さが伝わる内容です。 ちょっと専門的ではありますが、周辺分野にいる私には大変興味深い内容でした。 とくに第1部の光部門では、群落の光合成について。 第2部の水部門では、植物の分布を分ける生理的制約についてがとくに面白かったです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最新測量入門 新訂版

最新測量入門 (基礎シリーズ)実教出版 Amazonアソシエイト by B5サイズで,豊富な写真,図,表で大変わかりやすい. 思い切って内容を削って,その分例題を豊富に掲載しているので 教科書としてとても使いやすいです.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

基礎 測量学

基礎測量学電気書院 長谷川 昌弘 Amazonアソシエイト by B5サイズで,カラフルな表紙,豊富な図表と注釈でかなりわかりやすい. ただ例題がほとんどないことと,値段が3000円とやや高いのが難点.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新版 測量学

測量学 (上)コロナ社 丸安 隆和 Amazonアソシエイト by 私が学生の頃に使っていた測量学の教科書 新版になって内容は新しくなって,改良されている. ただちょっと難しい印象がある. 写真等もちょっと古くさくて,学生受けがやや悪い. 上下別巻で1冊3000円を超すので,教科書として指定し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図解 新 やさしい測量

図解 新 やさしい測量農業図書 測量教育研究会 Amazonアソシエイト by 確かにやさしく丁寧に書いてある. 挿絵や図が綺麗でいいが,内容がやや古いように思える. 実習のことも踏まえて書かれているし,値段も安いのでよい.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑のダムの保続

“緑のダム”の保続―日本の森林を憂う緑風出版 藤原 信 Amazonアソシエイト by 日本の森林についての著者の思いを綴った物. 2部構成になっている.前半は,日本の森林・林業の変遷,とくに国有林に焦点を当てて,国の政策が失敗であったと嘆いている. 後半は,”緑のダム”について,これまで出版・公表されている緑のダム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の棚田

日本の棚田―保全への取組み古今書院 中島 峰広 Amazonアソシエイト by 最近,宮崎県日南市にある坂元棚田の研究をはじめました.ここは棚田百選にも選ばれている大変美しい景観を持つ棚田です. 棚田の研究を進めていくにあたり,これまでの棚田研究を一通りまとめたような本を探しているときに,この本にたどり着きまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地下水・土壌汚染の基礎から応用

地下水・土壌汚染の基礎から応用―汚染物質の動態と調査・対策技術理工図書 Amazonアソシエイト by 地下水や土壌の汚染の背景や,その調査の方法などを包括的に書いている. 化学物質による環境汚染が中心でやや専門的で分からない記述があるものの,この分野に疎い私には参考になるものであった. とくに第3章「調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球環境時代の水と森

地球環境時代の水と森―どうまもり・はぐくめばいいのか日本林業調査会 太田 猛彦 Amazonアソシエイト by 森林水文学の内容をトピックスでまとめて解説した本. 監修者である太田氏と服部氏のこれまでの研究内容と周辺の方々の知見をとりまとめている. 森林水文学の最新の動向は,他書で確認するとして,これまでの知見を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新教養の気象学

新 教養の気象学朝倉書店 Amazonアソシエイト by 日本気象学会がまとめた気象学の入門書. 大学生レベルの教科書的内容. 気象や天気についてカラフルな図や写真を使って解説する本が多く出版されているが,その出展元をたどるとこの本にたどり着くことが多い. この本が難しいと感じる場合は,図解本と併せて読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more