コンピュータによる熱移動と流れの数値解析

コンピュータによる 熱移動と流れの数値解析
1999/森北出版 スハスV.パタンカー原著・水谷幸夫・香月正司 共訳

書名の通り,これからコンピュータを使って熱移動・流れ計算を行おうとする者に対して,懇切丁寧に解説した本.

支配方程式,熱伝導,対流や拡散といった基本的な考え方を,シミュレーションすることを前提に離散的に考えて,わかりやすく解説している.

この本では,コントロール・ボリューム法に基づいたSIMPLE法について重点的に解説しているが,これから数値解析を行おうとする人は,まず読むことをお薦めする本です.

私もずいぶんとこの本にお世話になりました.

できれば,熱流動の数値シミュレーションとセットで読まれることをお薦めします.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック