有田和正の授業力アップ入門

有田和正の授業力アップ入門―授業がうまくなる十二章
2005/明治図書 有田和正 著


小学校,中学校といった義務教育課程の先生になった若手の人への先輩からのアドバイス集ですが,私のような大学教員にもとても参考になるものでした.

授業とは「何を」「どうすることか」をしっかり考えた上で取り組むこと.

専門分野に長けた私たちが,途もするとおろそかにしがちなポイントです.
良く知ってるから,上手く教えられるとはいえない.
教えるための技術が,そこにはやはりある.

とくに第4章の「発問」と「板書」の技術の考え方はとても参考になりました.

相手が小学生,中学生,大学生であろうとも,教員が生徒に教える構図は根本的には同じなんですよね.
そういうことをあらためて認識させてくれた,私にとっては貴重な本となりました.




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック