使える弁証法

使える 弁証法
2005/東洋経済 田坂広志



ヘーゲルの弁証法を利用して,IT社会の今後を見てみようという本.

既存のものを否定する力によって生まれる新しいパラダイム.
利便性の高いパラダイムほど,生き残り,広まり一般化していく.
より当たり前のものとして受け入れられたパラダイムは,その“当たり前”の中で差別化を図ろうとする.多様化の中で育まれる新たなる知恵.
多様性がふくらむに連れ,表面化する矛盾.その矛盾と向き合うことで次のパラダイムが生まれる.

それらの一つ一つのステップを著者は「法則」と呼び,ステップの進展具合の確かめ方を述べていく.

本書の最後で,愛国心を煽るようなまとめになっていくところに,抵抗を感じなくもないが,
「この世に存在する様々な“矛盾”を前に,それを深く心の中に把時し,“割り切る”ことなく,格闘し続けること.」
と結ぶ第二章は,印象的でもある.


考えるためのツールとしての弁証法を,ビジネスへの応用として,
わかりやすく解説していると思います.


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック