水理学詳説

水理学詳説
1971/理工図書 丹羽健蔵著


改めて読み直しました.

”読める”水理学の解説書といっていい.

おおむね水理学Ⅰと呼ばれる分野の様々な事象を,とてもわかりやすく,丁寧に解説してあります.
現象の説明の後に設けられた「例題」も,式の展開を省くことなく書かれているので理解しやすい.

教科書として使うよりも参考書として,「独学」もしくは「復習」するのに使うととても良いように思います.

ただし,出版されたのが古いために単位系が古かったり,専門用語もいまとは少し違う呼称で用いられていたりするのでその点は注意を要するかな.それと最後の章の地下水に関しては,他の章に比べるとやや言葉数が少なくなっているので,他書で補う方がいいでしょうね.

「絵解き水理学」では物足りない学生さんには,お薦めの本です.


水理学総説
静水圧
水の運動
管水路の流れ
開水路の流れ
オリフィスと水門
せき
地下水


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック