「叱り方」入門

「叱り方」入門 「職場の困った人」叱り分けガイド
2006/プレジデント社 梅森浩一・ほか著


人を叱ると言うことは結構骨が折れることです.本書の第2章でもいかに「叱る」のが難しいかがアンケートの結果として示されています.

一時的な感情の爆発であれば,それは「叱る」のではなく「怒る」ことであって,それでは人は動かない.注意されたことを受け入れ,次につなげるような何かを感じてもらうためには,叱る側の人間にそれなりのテクニックを要求します.

しかし,それらはHow toの形で定型化できるものではありません.叱るべき事柄はきわめて個別の事項であるので,もうそれは個別の事項をじっと見つめて,場数を踏むしかない.でも,そうはいっても,「こういう叱り方をしてはいけない」というものはどうやら存在する.その禁じ手だけは共有しておくことができる.
本書は,その禁じ手を共有するためのものであるといえます.

抜群のタイミングでしかも効果的に叱るテクニックは,優れたリーダーが共通して持つ能力だということが,本書の第1章からもわかります.
「叱る力」.私も何とか身につけたいものです.


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック