超「超」整理法





野口悠紀雄のベストセラー「超」整理法の発展版ですね.
日々大量にやってくる情報や資料をどう整理・利用するかを時代にそった考え方で捉え直しています.
野口氏は従来より,いかに「整理」に手間を省き,「検索」の時間を短くするかに重点を置いて論を展開していました.そこに,快進撃を続けるGoogleが仕掛けるさまざまなサービスの登場で,ようやく理想とする「整理」「検索」の方法が見えてきたようす.
そこで,もう思いっきりGoogleのサービスに寄りかかりつつも,それをうまく利用して知的生産力をあげる方法を,長々と語っています.

正直5章の途中までは,飛ばし読みで十分な内容.
おもしろいのは5章の後半から6章にかけて展開される,新しい時代の知のスタイルについての野口氏の主張でしょう.
今最も重要な知的作業とは,「問題の設定」「仮説の構築」そして「モデルの活用」であると野口氏は言います.これはまさしく科学の営みですね.
そしてこの作業の質を高めるにはどうしたらいいか?とにかく現役でいること,知識を増やすこと,そして考え続けることだという.雑事にとらわれず,とにかくそれを続けることで,新しい何かを産むことができると.

知的作業の本質を展開した6章が本書の核ですね.
あとはそれに伴う実践的なノウハウや周辺事項.
とにかく6章を読むといろんな刺激を得ることができると思います.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック