これからの「正義」の話をしよう


これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
早川書房
マイケル・サンデル


Amazonアソシエイト by これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




NHK教育テレビで放送していた「ハーバード白熱教室」を,私も見ていましたのでマイケル・サンデル教授の著書を読んでみました.

哲学なので,内容を1度ですんなり理解することはできませんでした.私にはちょっと難しかったです.でも,取り扱っているテーマ自体はTV番組の内容と同じなので,本と番組を交互に見ながらなんとか読み進めました.

日常の中にあるちょっとした選択肢を,それぞれ極端な所まで持っていって考えてみることで,2つの意見の中にある決定的な違いが見えてくる.
本書の中では,様々な例をあげてこれらの違いを「見える化」し,それぞれの考え方に影響を与えている哲学理論を紹介していました.

本書ではとくに,正義を考える際の3つの理念である「幸福の最大化」「自由の尊重」「美徳の促進」を順を追って紹介し,最後にサンデル教授が指示する共同体主義を紹介する.

本書は,正義について結論を出そうとはしていません.あくまで自分が何を考え,またなぜそう考えるのかに注意することを促しています.

ちょっと骨が折れますが,考えることの楽しさに気づかせてくれる本だと思います.


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック