だむかん

「ダム管理所」における毎日の勤務の様子を一人の男を通して,淡々と綴っていく小説です.

とくに何かが起こるわけではありません.物語の終盤までは.
終盤に起こる出来事も,鬼気迫るものではあるものの,やはり淡々と職務を遂行していく彼らに感情移入するのは難しい物語です.

それでも,この物語は,私たちに訴えかけてくるものがあります.第一章があることによって.



だむかん
筑摩書房
柄澤 昌幸


Amazonアソシエイト by だむかん の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック